Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

つげ義春

Q.B.B.:古本屋台(2018) とにかく面白い(若干のつげ義春ネタ)

古本屋台 (書籍扱いコミック) 作者: Q.B.B.,久住昌之,久住卓也 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2018/04/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 今日届いた漫画。つげ本を注文しようとしたら、amazonの推奨本リストに出た…

つげ義春に掴まれた頃、雑談

ボクの世代の上下10年くらいか、つげ義春ファンが多い。書きながら気がついたが、美大系が多いのは、彼らの「必須科目」なのか? そもそもがM美を卒業して、杉浦康平事務所に勤めていたデザイナーのHさんに教えてもらって、ヤラれた。釣りの師匠で骨董のKさ…

京都・寺町二条「三月書房」5年ぶりに

土曜日は京都駅からぶらぶら歩いた。本当はレコード屋に行く積もりだったが、気が変わって三月書房へ。 数年ぶりに。相変わらず目眩するような品揃え。入り口近くに間章2冊、誰が読むのだ。店主レジ前がアナキズム棚で、辻潤、大杉栄、黒色云々。そこに辻ま…

つげ義春カラー作品集・紅い花(1969)

紅い花 つげ義春カラー作品集 作者: つげ義春 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2013/07/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る 今時になって、また少しづつ、つげ義春の本を読んでいる。1980年代後半から「休筆」だから、…

芸術新潮「つげ義春特集」(2014年)原画のグラビア

芸術新潮 2014年 01月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/12/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログ (7件) を見る 何年かに一度、慎ましい「つげ義春」ブームがボクのなかにあって、その後、冬眠を何年も続けるような、断続した関心。今も少…

夜久弘: 「COMICばく」とつげ義春 (1989, 福武書店) 最後の執筆期間

1984年の夏頃だっただろうか。当時、社会人になったばかりで、電機会社の社員寮に住んでいた頃、近所の社宅の先輩の家でつげ義春の「ねじ式」を読んだ。映画「ツゴイネルワイゼン」を見たときと同じような衝撃だった。未だに映画も「ツゴイネルワイゼン」も…

つげ義春全集(1993年、筑摩書房)ゐきているつげ義春

はじめて読んだのは1984年頃だったように思う。ねじ式を読んで、くらっときた。脳内記憶では、ツゴイネルワイゼンと同じようなアドレスに刻まれている。当時、網羅的に彼の作品を読むことは難しく、初期の作品は入手難の北冬書房の全集を僅かに入手して読ん…

つげ義春:流れ雲旅(1971,朝日ソノラマ)、稲垣足穂@赤尾照文堂(京都・河原町)

若い頃、常に所在のない感じ、に襲われていた。居場所のなさ、の感覚に参っていた。寝ている間の夢のなかの居心地の良さに、それを日記のように書いてみると、記憶に強く定着し、一ヶ月もすると夢が夢でないような、現実感が沸き上がり、自分がどちら側の人…

つげ義春:初茸がり(1966,青林堂)6月のイメエジをもうひとつ

そのとき思い出したのは,つげ義春「初茸がり」の一つの場面。祖父と初茸がりに行く前、遠くの山並みに見える驟雨を少年がみている。