Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

あちらこちらのこと

Dan Weiss Trio @Cornelia Street Underground (New York) 変調された躍動、のような感触が

これも先週の土曜日に出かけたライヴ。ダン・ヴァイスの新譜が評判だし、気になる奏者ではあるが、ボクの中では印象がはっきりしていない人。 場所はBlue Noteの近くで、その前日に食べた牡蠣屋と同じ辻: この一帯はいいエリアだなあ。このコーネリア・スト…

Scott Colley Trio @Village Vanguard (New York) ロレイン・ゴードンがあの世へ旅だった晩のセッション

ニューヨークにはじめて出かけたのは1998年の6月頃だから、思い起こすと20年も前だ。ボルチモアからの帰途に寄っているので、今と同じパターン。そのときは嵐で飛行機が欠航し、アムトラックでニューヨークへ。今回のパターンの原型。それから数年に1回来…

Maria Schneider Orchestra @Birdland (New York) 街に溶け込んだ音

今回、ライヴに5回。最後がマリア・シュナイダー・オーケストラ。Birdlandでのthe second setで、11PMから。Birdlandははじめて。 https://www.birdlandjazz.com/ 開演前の雰囲気: Instagram post by Ken • Jun 16, 2018 at 8:17am UTC 開演前にマリア・シ…

随分長い出張だったが

2週間も出かけていた。いよいよ帰国。 ニューヨークからだと、早く帰りたいという気持ちが全く出ない。 残念。フィラデルフィアから、アムトラックでニューヨークへ移動し、帰国。 6月の東海岸の天候を考えると安全。フィラデルフィアからの一部フライトはキ…

New York/ Perl Oyster Bar: ライヴ前の食事

少し時間を戻してニューヨークの備忘。 久々に米国でsea foods。一緒に滞在した知己が探したレストラン。予約なし、なので18時の開店に並ぶ。場所はBlue Noteの近く。 カジュアルな感じで価格も手ごろ。2人でワインを一本呑んで、フィラデルフィアの中華の…

Philadelphia/ Jade Harbor: 中華料理@USA

米国に居ると、仕事飯は肉に偏る。だからOFFはアジア飯が嬉しい。かつては中華料理が多かった。安くて、味が最低保障。とは云え、ファースト・フード(パンダとか)では甘かったりで、ダメだけど。最近は油が少ないヴェトナム料理のほうがいいが。 仕事先の…

Philadelphia/ Reading Terminal Market 旅先の市場

Philadelphiaでは仕事と仕事飯。仕事先の市場に立ち寄った。 金沢の近江町と同じ趣。

Philadelphiaで

全米でも治安が悪い街のようだ。安めホテルを予約したら、ちょっとダメ。 仕事に向かう途中、人が倒れていたりする。OFFに心が安まらないので、仕事が一番。 空もどんよりで、気分が出ないなあ。

Philadelphiaへ

ネットでは仕事以外のことを書くので、自分で読み返しても楽しそうだ。しかし、本当はそうでもなくて仕事。オフを最大限、楽しんでいる、ということ。後ろ髪を引かれまくって、フィラデルフィアへ。15年振り。 鉄道で入ると、その重厚な駅舎に魅了される。映…

備忘:ニューヨークでジャズを聴く(Kanazawa jazz days@manhattan)

仕事で忙殺され、事前に全く準備できなかった。 仕方がないので、飛行機の中で読もうと、この本を入手: ニューヨーク・ジャズ・アップデート: 体感する現在進行形ジャズ 作者: 常盤武彦 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/05/18 メディア: 単行本 この…

East Broadwayのカフェで

レコード屋の帰りにEast Broadway の角っこのカフェへ。看板に引っ張られた。軽く呑みたい気分だったから。Half paintで$4。 風通しのよいバーで明るい時間からビールを呑んでたら、とても幸せ感が強い。 (ベルズというビールを扱っているようだ) 音楽はレコ…

Goodbye New York

Penn stationから南へ向かう列車に

セントラルパークへ

過労から腰痛を引き起こしてから(そうに違いない)養生していたが、久々にランニング。ホテルがあるロングアイランドからセントラルパークまで自転車道が整備されていて、ランナーも走ることができる。 ということで、久々にセントラルパークで走ってきた。…

New Yorkへ

何年振りだろうか。モントリオールからやってきた。週末はマンハッタンで過ごす。 といっても宿は安いロングアイランドにしたけど。メトロで直ぐ。 こんなの見ると、嬉しくなる。

Montreal/St. Denis st.: Pho Do Thi やはりほっこりのヴェトナム飯

歩いていて、急に空腹を感じた。道路の向こうにPhoの文字が見えたから、昼食に。適当に入ったが当たり。美味しい良い店だった。繁盛店。

Montreal: The Keg Steakhouse: 仕事飯

昨夜の仕事飯。ステーキは安心して食べられる美味い食事。赤身が主体なので、あっさりと実に美味しい。旧市街の古い町並みのなか、だった。

Montreal: Saint Joseph’s Oratory of Mont Royal 大きさそのものに深淵な意味を

モントリオールに昨年行った、仏語話者でもある近所のY嬢(長い修飾語だなあ)の推薦である Saint Joseph’s Oratory of Mont Royalに出かけた。丁度、仕事で出かけていたモントリオール工科大の隣で、タイムリーな示唆だった。 日本的感性で云うと、大きいの…

Montreal・Guru Bistro indien:夕食を考えるのが面倒だったら(2)

そもそも食べることに強い関心はないし、頭は仕事で一杯だし。しかも、金沢に居たら大体満足しているので、外に出ると気持ちが向かない。 そんな言い訳になるのだけど、昨日も夕食を考えるのが面倒だったらインド料理。「あの」英国に行ったときでも、確かに…

Montreal・Benelux Brasserie Artisanale:夕食を考えるのが面倒だったら

アメリカなんかで夕食を考えるのが面倒だったらアジア食かマイクロ・ブルワリィ。大きく外れることはない。当たるかは別として。 今日はマイクロ・ブルワリィ。適当に入ったが大繁盛。酸味が強めで、あまり好みでもなかったが、マズイ、ということでもない。…

モントリオールDay2-2 冷たい嵐の後

以前、来たときには汗をかいた記憶がある6月のモントリオール。この時期の東海岸は、時折、嵐がやってきて、旅行者にとってヒヤヒヤすることが多い。空港閉鎖には何回も直面している。 今回は冷たい嵐。明け方には10℃を切って寒い。半袖ばかりで困った。レコ…

Montreal: Disques Beatnick やっちまった

近年の円安に加え、ホテル代の高騰に困っている。定額支給なので、欧米の大都市やシンガポールなんかでは、確実に足が出る。今回はネットで安宿を探したら、ポルノショップ前の小さなホテル。一瞬びびったが、思ったほど治安も悪くなく、まずまず。 その通り…

モントリオール DAY 2

ここ、カルチェラタンという街らしい。ネットで予約した安宿。まあ快適かなあ。 今朝は寂しく寒い雨。さあ仕事仕事。

フランスの田舎に来たような

現地時間の2200にホテル着。まだ日曜日。 日本時間は月曜の1100だから13時間の時差。金沢から23時間の長旅だった。 モントリオールの入国審査は電子化されていてスムーズだった。 何となく、ブルターニュの田舎町に着いたような風情。

トランジット中@シカゴ

家を出たのが、お昼過ぎ。小松を15時前に飛び立ち、成田を18時前に飛び立った。日曜日のこと。 そして10時間以上のフライトの後、日曜日の昼過ぎにシカゴに。 イミグレーションに1時間強かかって、乗り継ぎ便のターミナルへ。着陸から離陸まで3時間は余裕だ…

長いフライトへ

長い日曜日になりそうだ。 ゆっくり本を読みたいが疲れている。成田で二冊ピックアップ。

先週(3/22)のフライト(小松・羽田)

先週3/21はとても寒い1日だった。CAFE INCUSの外にも、月光茶房の外にも、下町・山手の区別なく雪が降っていた。 その翌日のフライトも悪天の中であったが、松本上空で雲が切れた。盆地が雪景色。 梓川沿い、上高地あたりが見えた。 3/22

暫し東京

昨夜、東京へ。仕事で出張。お決まりの行動パターンに呆れるが、変える理由もパワーもない。 聖橋 いつもの寄り道 ぼんやりカウンターのうえの金魚を見てた。

戸隠からの眺望

焼岳や雨飾山方面 戸隠牧場から高妻山 高妻山から戸隠連峰 西岳 西岳が切れると、北アルプスが広がる 正面は八方尾根から唐松。北には白馬鑓、南には五竜。 五竜から鹿島鑓、爺が岳 爺が岳の奥に見えるのは立山?薬師?

戸隠「うずら屋」久々に中社の蕎麦屋へ

今日の昼は久々に中社へ。美味しい蕎麦を食べたくて、うずら屋へ。 いや久しぶりだったが、美味かったなあ。

夜明け

戸隠にほぼ30年、毎年来ているが、こんな朝は滅多になかった。