Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Bill Evans: Consecration - The last complete collection (1980) Time remembered、そして弛緩した空気の中で(9/2)

早速聴いている。遅い時間に仕事から帰ったので、アンプが暖まるまで、ややエキセントリックな音。それも次第に収まると、柔らかくなっていく。

Brad Mehldau: Finding Gabriel (2019) メルドーにしては(失礼)、面白い

今朝、FBでtoshiya氏のブログで知ったアルバム: メルドーは全くボクには響かないピアノ奏者。随分前にマンハッタンのBNでプレヴィンの代役でクリスチャン・マックブライドとのデュオを聴いたが、響かなかったなあ。 だから大ファンのtoshiya氏には申し訳な…

先週の届き物(ECMとオフノート)

病院に長く入院した。負傷箇所の治癒だけでなく、音源購入の依存症についても治癒を期待したのだが。退院したらリバウンドが強い。やれやれ。 ECMの新録レコード。これは枚数を貯めて注文すると、直接発注が一番安い。一週間くらいで届いた。ロヴァーノのア…

坂本弘道: 零式 (1999) その色彩のスペクトラムが揺らぐ様

かなり忙しくて、少し荒んだような気持ちのなかにある。だから、こんな感じの音に惹かれるのだろうな。Hacoのアルバムを聴いて、チェロの音が気になる。で、引き続き入手: あわせてoffnoteのアルバムを何枚も入手したので、何だか依存症的チェーンCD買い物…

本田竹曠: EASE(1992) 植松孝夫目当てだったが

ゆっくりとアルバムを手に入れているのが植松孝夫。ジャズの聴きはじめ一ヶ月くらいの頃、NHKのFM番組「セッション79」で聴いてから。元岡一英とのインプレッションズで、これぞジャズ・テナーという「刷り込み」がされたような気がする。だから後でコルトレ…

久しぶりに来たよ!

うーん、看板猫は体調不良か、尻尾だけ振ってくれたが、姿見せず。

いやな話題(コロンビア・カーヴ)その後

フォノイコライザの補正カーヴが気になった。気になった途端、多くのサイトで音の差異について、申し立てを行っていることに眼がいく。気になる。 それが大きな問題か、自分でも確かめてみることにした。毎年の健康診断でも難聴が指摘されているので(低域感…

霞む空・夕景

晴天続きで煙ったような空だけど、夕暮れは悪くない。夕日が寺町台地に沈む。霞む犀奥が随分遠くのように感じる。時々刻々と変わる光景を追いかけていた。

Harold Land: A New Shade Of Blue (1971) ハロルド・ランドって

最近、再発でレコードが出るようなので、spotifyで聴いてみると面白い。rare groove枠(よう分からん)で再発されるような感じだけど、こんなアルバムに陽が当たるのはいいことだ。再発を買わなくても、メインストリーム盤も普通価格(だから再発より安い)…

Antonio Sanchez: Bad Hombre (2016) サンチェスのソロ・アルバムがこんなに面白いとは

アントニオ・サンチェスって、メセニーとの共演で知ったから、もう10年くらいになるのだろうか。彼のアルバムは幾つか入手しているのだけど、バンドの熱さの割りに表現の振幅が狭い印象があって、その後は気に留めていなかった。だから、このアルブムも知ら…

山口真文: Leeward(1978) Record Store Dayで釣られたが

昨年、このように書いたが、Record Store Dayで釣られてしまった。 サックスの音色が良く、またそれを実に美しくCDに載せ替えている。レコードが欲しい感覚が出てこない。このシリーズは実にいい。 山口真文: Leeward(1978) 滋味に溢れている - Kanazawa Jaz…

Bill Evans: Evans in England (1969) ゴメスは好みではないが

またもやResonance recordsから出たエヴァンスのアルバム。それにしてもRecord Store Daysとあわせ、予約不可で煽る商法はイカンなあ。もっと落ち着いて購入できるようにして欲しいなあ。先般のドルフィー盤で懲りたから、後日にネットで購入したが。それに…

Haco,坂本弘道: Ash In The Rainbow (2002) 軽いトリップ感

アンビエント系の音楽をspotifyかyoutubeで聴いていて、すごく「引っ掛かった」アルバム。どこか遠くから漏れ聞こえるような唄、雑音とも聞こえる様々な摩擦音。それが鋸だったりチェロだったりする。そんなvectorが揃っていない気儘な音のパーツが、奥行き…

Dip in the pool (甲田益也子, 木村達司): Retinae (1989) 徹底的にふわっと

昨年の私的ディスクガイド大賞に出ていたグループ: このアルバムは1989年のものなので、オリジナルのレコードは枚数が少ないようで高価。最近の再発盤を入手。 近年のアルバムも、このアルバムも基本的には同じ。ふわっとした演奏にふわっとしたヴォーカル…

日々散歩(5月8日)

少し街中に近い場所も歩いてみる。 でも早々に脚は犀川に向かっていく。 橋の向こうに山が見える、からいいのだ。

日々散歩 (5月7日)

連休が終わった。忙しいので、6時前から歩きに出る。 一年で一番良い季節のなかにある金沢。 早朝から桜鱒釣りが。釣れたのを見たことがないが。

今日も散歩

GW最終日も散歩。1時間で3.5kmくらい。身体条件からすると、まずまず。 今日も犀川沿いの公園を歩く。(走れないので、走る代わりに) 昔の村の社の境内には大きな木が。金沢には驚くほど大きな木が市内に点在している。

板橋文夫: 渡良瀬 (1981) そんな旋律を熱いタッチで

今日は何となく日本のジャズが続く。昨日に続き、板橋文夫の未聴盤。 昨年再発されたレコードだけど、ボクが聴いたのは昔のDENON盤。デンオンはいつからデノンになったのかなあ、とか思いながら聴いていた。 ちょっと糠味噌臭い王子様が出たぞなんて、悪戯な…

菊地雅章: But Not For Me (1978) スストの前哨戦

菊地雅章が隠遁していたマイルスとのセッションを行った後のアルバム。 ボクにとって、好きなジャズアルバムのなかでも上位に位置するのはマイルスの「アガルタ」とともに菊地雅章の「ススト」。漂い循環するような異形ファンクの快感指数は高い: 決してマ…

ゆっくり夕暮れ

もうGWもお終いとか考えながら風に吹かれている。

法島の公園のあたり

日々、散歩。歩いている。ゆっくりゆっくり。 今日は法島の公園を歩いた。人影が少ない。藤棚の隣の遊具にはGWというのに子供の姿はなかった。 帰途、古い街道筋の菓子屋で柏餅を一つ買って、集落の鎮守の社で休憩がてら頂いた。

板橋文夫: Nature(1979) 再発で入手したLPレコード

再発で入手したLPレコード。少し心配したが、音はとても良い。よかった。 それ以上に内容がいい。丁度ジャズを聴きはじめた頃のアルバムなのだけど、板橋文夫の演奏は渡辺貞夫や日野皓正のアルバムで聴いたくらいかな。板橋自身のアルバムはあまり聴いていな…

D. Shostakovich自作自演: Four Preludes, Concertino for 2 pianos / Piano Concerto No. 2 in F major(1956-58) 旧ソヴィエトの10インチ盤

一時、音の良さからソヴィエト時代のメロディア盤にハマった。とにかくピアノの音が良い。ヴェデルニコフ、ゲンリヒ、ペトロフ、カプスーチンなどなど買い集めた。 そのとき手が出なかったのは、ショスタコーヴィッチの自作自演集。 旧ソヴィエト盤の探索は…

窓から見える山

今日は霞んではいたが、良い天気。陽が傾き、斜光の中で時間を過ごす。 気がつくと、猛烈な勢いで暗転していく。 犀奥の峰の残雪ももう僅か。その僅かな雪が茜色に染まっていく。

400万PV越え

etc

GW中に400万PVを越えたようだ。と云っても、一日にサイトを見る訪問者300人くらい、は、ずっと変わっていない。後は機械検索での誘導数。だから依然、3年近く前に更新停止したgooでの閲覧者が相応数存在。 -------------------- ブログ開始時期(goo):2010…

菊地雅章:さがしていた女(1985-86) 連休に入って、ようやく

Art japanesque UKIYOE. 音楽 菊地雅章 pic.twitter.com/vTU77RasIn— kanazawa jazz days (@kanazawa_jazz) May 4, 2019 連休に入って、ようやく観た(聴いた)。やはり山口小夜子の月と同じく、独特の微かなグルーヴがあって面白い。この「さがしていた女」…

春の犀川河畔

今朝も犀川河畔を歩く。丁度良いトレーニング。走ることができないから、ゆっくりと河畔の雰囲気を楽しむという特典もある。 冬の暗さから解放された、天の高さ、弾けるような光の粒子を感じながらゆっくり歩くのも悪くない。

Gidon Kremer@金沢 ホールの空間が深淵な闇のなかに

ECMに関心があるならば、数々のアルバムで印象深いクレーメルが金沢にやって来た。それを知ったのは、コンサートの前日: おお!5/3-5 ギドン・クレーメル来日〜金沢・風と緑の楽都音楽祭2019 https://t.co/jXZuWBFtog— kanazawa jazz days (@kanazawa_jazz)…

白山さん

私的にも仕事的にも多難。加賀一ノ宮でお祓いを。

ゆっくりゆっくり

走れるのは、いつになるやら。まずは歩きはじめた。ゆっくりだけどね。 雪見橋から、高尾、順尾のほう。残雪の景色が嬉しい。