Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

 セイゲン・オノ: at the Blue Note Tokyo(2000) 霞のように軽く漂う音が織りなす墨絵のなかで

ã¯ãªãã¯ã§ç»åã表示

ボンバの日本のジャズシリーズ(4枚目):

 昔読んだ村井康司のディスクガイドで、セイゲン・オノのアルバムが紹介されていて、何枚か持っていた。1990年代後半のアルバムだったが(コム・デ・ギャルソン向けとか)、たまに聴きたくなる好盤。曲が良くて、洒落た脱力音楽という体。

最近になって、アヴァン・ミュージック本のなかで紹介されて、再び、聴きたくなっていたところ。

で、ボンバのセールのなかにあったので注文したが、これが大当たり。タイトルのとおり、ブルーノートでのライヴ。

 冒頭から軽やかなリズムと弦での飛翔感に気持ちを持って行かれる。好きだったアルバムも収録されていたShe is She。ふわっと被さる五十嵐一生のトランペットの響きも実に蠱惑的。そこでもう、最高に気分に寄り添うアルバムになっている。久しぶりに聴く村田陽一トロンボーンも実に柔らかい。大きな編成ではあるが、録音のバランスが実に良く、煩わしい感じが全くない。美味しい音。

霞のように軽く漂う音が織りなす墨絵のなかで響く セイゲン・オノチャランゴの音が心地よい。これから暫く、聴き続けるだろうな。

---------------------------------------------------------------

 セイゲン・オノ: at the Blue Note Tokyo(2000, SAIDERA RECORDS)
1. She is She
2. Hanabi
3. Anchovy Pasta
4. Kind of Red and White
5. But it's True
6. Shadows of Charango
7. Yulayula 2
8. Picnic
9. White Tango
10. Nuite de la Danse
セイゲン・オノ (el-g, charango), 三宅純 (el-p, pianica), 五十嵐一生 (tp), 村田陽一(tb), 竹内直(ts), 緑川英徳(as), 山口と(per), 佐藤慎一 (el-b), ヲノサトル(turn table, sampler, key), 江波杏子 (reading on 3), 柚楽弥衣 (voices on 7, 8, 10), 石川智 (pandeiro on 5), Den (cavaquinho on 5), Cokky (tantan 5)

 

 

JAZZ忘年会@12/11の音響機材(タンノイ・スターリング)

昨日は、昔よく集まっていた通称「ジャズ会」の忘年会。場所は長町にある古いお屋敷を使ったエスニック料理店。KさんとMちゃんの骨折りに感謝。美味しいタイ料理を頂きながら、呑んだ呑んだ。適当に選んだ曲は:

この店では最近、スピーカを入れた。中古のタンノイ・スターリング。実に良い音がした。珈琲焙煎人のK君の協力らしい、実に良い買い物。装いもクラシックで、家屋の雰囲気に溶け込んでいた。

アンプはこれから導入らしく、以前からのもの。型番は失念。

f:id:kanazawajazzdays:20181212193441j:plain

音源は全てディジタル・データでiPADに入れておいた。ロスレス圧縮。

これをBluetoothで飛ばして、Bluetoothオーディオレシーバー(ELECOMのLBT-AVWAR700)へ。実はこの装置のアナログ出力はiPADより音質は劣るので、ディジタル・データを光ケーブルで USBデジタルオーディオプロセッサーONKYOのSE-U55GX)に送り、ここでアナログに変換、アンプへ入れた。

f:id:kanazawajazzdays:20181212193457j:plain

 

JAZZ忘年会@12/11のセットリスト------今年聴いた音楽(今年の音楽、ではない)

忙しい一年で、Kさんと遊び始めた頃と仕事量が全く違う。すっかり仕事のstageが変わってしまい、隠棲気分がすっかり飛んだ年だった。

手当たり次第、聴いた音をsampling, compileしてみた。いや、もっと音響的なアルバムも聴いたが、入れ込めていない。レコードにも、すっかりハマった一年だった。仕事で失われた時間、への代償行為のような、深夜の独り聴きが多かったような一年だった。

面白かったのは、東京のカフェ、月光茶房とCAFÉ INCUSの主人から教えてもらった音を随分と聴いたような気がする。聴く切り口の違い、がハッキリ分かる人からの情報は嬉しい。

それからライヴにもしっかり行った。ニューヨークでのテレンス・ブランチャード(ファビアン・アルマザン)、スコット・コリー(マーク・ターナー、ダニー・マッキャスリン)、ジョン・ゾーンマリア・シュナイダーオーケストラ(ベン・モンダー,ダニー・マッキャスリン),ダン・ヴァイス、東京での吉田野乃子、ピーター・エヴァンス(ジョン・ラッセル)、 アート・リンゼイ、 アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ(高瀬アキエヴァン・パーカー、ポール・リットン)、一噌幸弘(原田依幸石渡明廣)、渋谷毅(廣木光一)など。

いい年だったのかもしれない。

 

1. Voice

今年は声に惹かれた年、だったように思う

(1) Torgeir Vassvik: Sáivu (2006)

ジョルミンが作ったサーミとのアルバム。

f:id:kanazawajazzdays:20181211130018p:plain

(2) Moses Sumney: Aromanticism (2017)

ふわっと浮き上がる声

f:id:kanazawajazzdays:20181211130053p:plain

(3) The Internet: Hive Mind (2018)

冒頭のベースで一発やられた

f:id:kanazawajazzdays:20181211130201p:plain

(4) 王菲: 感情生活 (1998)

 マンダリンの柔らかい音が美味しい

f:id:kanazawajazzdays:20181211130244p:plain

(5) 石橋英子: The Dream My Bones Dream(2018)

オルークとかと、こんな音を作るんだ。

f:id:kanazawajazzdays:20181212191508p:plain

(6) cero: POLY LIFE MULTI SOUL(2018)

f:id:kanazawajazzdays:20181212191540p:plain

 (7)石若駿feat.角銅真実: Songbook2 (2017)

ドラマーがドラムをあまり叩かないで作ったアルバム

f:id:kanazawajazzdays:20181212191616p:plain

(8) 角銅真実: Ya Chaika (2018)

f:id:kanazawajazzdays:20181212191659p:plain

 (9) 小田朋美: グッバイブルー(2018)

宮澤賢治の曲が2枚のアルバムに登場した2018年。別の一枚は何とECM

f:id:kanazawajazzdays:20181212191923p:plain

(10) Kronos Quartet feat. Sam Amidon and Olivia Chaney: Folk Songs (2017)

現在音楽の弦楽Qとフォーク

f:id:kanazawajazzdays:20181212191959p:plain

(11) Sam Amidon: The Following Mountain (2017)

フォーク歌手のバックにフリージャズのドラマー(ミルフォード・グレイブス) 

f:id:kanazawajazzdays:20181212192035p:plain 

(12) David Sylvian: Manafon(2009)

エヴァン・パーカーなど即興系奏者と

f:id:kanazawajazzdays:20181212192104p:plain

(13) Elina Duni: Partir (2018)

 アルバニアの歌い手。ECM

f:id:kanazawajazzdays:20181212192137p:plain

(14) Brigitte Fontaine: Comme A La Radio (1970)

永遠の一枚。アート・アンサンブル・オブ・シカゴ(AEOC)とシャンソン

f:id:kanazawajazzdays:20181212192224p:plain

2. シカゴの音

混沌とした音のなかに沈殿する芯、のようなものが面白い。そこはAEOCの人たちとも共通する味じゃないかな。

(1)Makaya McCraven: In the Moment(2015)

表層でないグルーヴ感のようなものが

f:id:kanazawajazzdays:20181212192303p:plain

 (2) Makaya McCraven: Universal Beings (2018)

f:id:kanazawajazzdays:20181212192345p:plain

(3) Makaya McCraven: Split Decision (2012)

f:id:kanazawajazzdays:20181212192418p:plain

(4)Jeff Parker: The Relatives (2008)

この人の寂寥感、のような音が好きだ

f:id:kanazawajazzdays:20181212192453p:plain

(5) Jeff Parker:  Bright Light in Winter (2012)

f:id:kanazawajazzdays:20181212192531p:plain

(6) Jeff Parker:  Slight Freedom (2014)

f:id:kanazawajazzdays:20181212192605p:plain

(7) Henry Threadgill: In for a Penny, In for a Pound (2015)

若手もこの大ヴェテランも通底する音って何だろう

f:id:kanazawajazzdays:20181212192640p:plain

 

3. 南米の音

今年も南米には弱かった。

(1) Diane Denoir, Eduardo Mateo: Inéditas (1968)

ウルグアイ・1968のボッサ。驚く程、古びていない。 

f:id:kanazawajazzdays:20181212192742p:plain

(2) Melina Moguilevsky: Árbola (2012)

半世紀前のウルグアイから今のアルゼンチンへ

f:id:kanazawajazzdays:20181212192815p:plain 

(3) Arto Lindsay: Mundo Civilizado (1996)

NYのリンゼイを南米に入れるのも、どうかと思うが、育ちはブラジルなので。確かに、それはある。

f:id:kanazawajazzdays:20181212192848p:plain

(4) Vinicius Cantuaria: Tucuma (1999)

先住民系の歌い手。リンゼイのプロデュース

f:id:kanazawajazzdays:20181212192919p:plain

(5) Antonio Loureiro feat. André Mehmari: Livre (2018)

ミナスの新星と呼ばれて数年、の新作。もう一段の飛翔を期待

f:id:kanazawajazzdays:20181212193001p:plain

 

(6) Silvia Iriondo: Tierra Sin Mal(2018)

今年はアルゼンチンのアルバムの新作多し。相変わらずのイリオンド

 f:id:kanazawajazzdays:20181212193034p:plain 

(7) Carlos Aguirre: Calma(2018)

こちらも相変わらずのアギューレ 

f:id:kanazawajazzdays:20181212193148p:plain

 

4.現代音楽

(1)Steve Reich: Pulse (2018)

御大の新作

f:id:kanazawajazzdays:20181212193226p:plain

 

能登へ

能登へ仕事で出かけた。別の國に行く。箱庭のような金沢から出ると、大気の透明度が次第に高まり、景色が生々しくなっていく。

穴水で雲が切れ、蒼天が覗いた。確かに、青空ではない。底のない淵を覗き込んだような黒さ。いつだったかマウナケアの頂上で見えた「宇宙の漆黒」に連なるような黒さ、だった。

 

高松にて

f:id:kanazawajazzdays:20181211150550j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181211150601j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181211150617j:plain

穴水にて:

f:id:kanazawajazzdays:20181211150856j:plain



 

贅沢な自宅宴会(北陸の食卓なんだよなあ)

先日の鱈鍋といい、 

昨日の香箱宴会といい、北陸の食卓なんだよなあ、と思う。実に豊か。

 ボクは冷凍してあった岩魚を焼いた:

f:id:kanazawajazzdays:20181210094511j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181210094526j:plain

Eちゃんの富山土産の鱒寿司

f:id:kanazawajazzdays:20181210094556j:plain

Aくん父の金沢春菊のサラダ(生食が美味い):

f:id:kanazawajazzdays:20181210094611j:plain

豚肉の角煮?にクレソン?:

f:id:kanazawajazzdays:20181210094632j:plain

鱈の子附け:

f:id:kanazawajazzdays:20181210094648j:plain

写真を取り忘れたが、大きな椎茸や銀杏、蛍烏賊の干物、何とも贅沢だった。

 

贅沢な自宅宴会(香箱編)

近所のAくん、Nちゃんとの香箱宴会は何年ぶりか。以前、浅野川沿いの貸しスペースでやって以来じゃなかろうか。Nちゃんの香箱捌き、Aくんの香箱卵焼き、が印象的だった。今回は、その他のメンバーも加わり6人で。

札付きの香箱蟹:

f:id:kanazawajazzdays:20181210093403j:plain

捌く:

f:id:kanazawajazzdays:20181210093438j:plain

捌いた後1:

f:id:kanazawajazzdays:20181210093513j:plain

捌いた後2,これは蟹面に:

f:id:kanazawajazzdays:20181210093550j:plain

蟹面:

f:id:kanazawajazzdays:20181210093631j:plain

蟹寿司:

f:id:kanazawajazzdays:20181210093712j:plain

卵焼き:

f:id:kanazawajazzdays:20181210093728j:plain

やはり美味かった!

 

日本のジャズのセール(ボンバ・レコード、その2)

あまりに内容が良かったので、調子に乗ってセールで2回目の注文を行った。 

 

f:id:kanazawajazzdays:20181211145932j:plain

まずはオノ・セイゲンのライヴを聴いているが、実に好みに合って、嬉しい。しばらく聴いていたい。このあたりをしっかり聴きたいという意識がふっと消えた1980年代末から2000年代末までの20年を埋めていければいいなあ、と思う。

購入内容:

板橋文夫トリオ/燦燦 (JMCK-1004)
鬼怒無月クワイエット・ライフ (JMCK-3003)
小谷まゆみ&國仲勝男/MIZTI ミズチ (JMCK-1042)
Seigen Ono Ensemble / at the Blue Note Tokyo (SD1016)
仲野麻紀、後藤理子/ロシニョール (ORCD-3001)
ガトス・ミーティング / ガトス・ミーティング (SW505)
旧橋壮 / furuhashi(SW209)
(翠川敬基)緑化計画 / Bisque (SWN410)
NEXT ORDER / LIVE 2003 (NO-001)
ザ・シックス・ウィンズ(梅津和時)/小諸 (JMCK-8002)

f:id:kanazawajazzdays:20181210092113j:plain

雪の後(2018.12.9)

小松に降り立つと、北陸らしい冬の好天だった。雨、霰、晴、曇が入り乱れた空。

帰宅して片付けが終わる頃には晴れてきた。犀奥の前衛の嶺が雪を纏っていた。大好きな景色がいよいよはじまった。一日眺めていても、一季眺めていても、いや何年も見飽きていない、のだ。

f:id:kanazawajazzdays:20181210091112j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181210091124j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181210091100j:plain

 

金沢に帰ってきた

やはり長旅。

太平洋側はぼんやりした天気。虚ろな感じで富士山が見えていた。

f:id:kanazawajazzdays:20181209124924j:image

下界が見えたのは、諏訪湖から松本あたりまで。北アルプスは雲の下だった。
f:id:kanazawajazzdays:20181209124920j:image

小松に降り立つと雪雲の下。雨霰が流れる向こうには蒼天に曇天。忙しい光景。

気温は摂氏3度。僅か10時間足らずで、30度の寒暖差。
f:id:kanazawajazzdays:20181209124914j:image

ようやく自宅に戻った。頭上に雲が流れ、霰を吹きつけていく。光の向こうに白い山がみえた。

いよいよ冬だ。

f:id:kanazawajazzdays:20181209124928j:image

 

 

松風鉱一: Lindenbaum Session(2008) 伝統的なジャズの感じだよね、という印象を与えながら、何処か

æ¾é¢¨é±ä¸ / LINDENBAUM SESSION / ãªã³ãã³ãã¦ã ã»ã»ãã·ã§ã³

ボンバの日本のジャズシリーズ(3枚目):

これも良いアルバム。音が良い。親密な音空間が、やや湿潤な感じで納められている。音が柔らかい。このあたりも日本のジャズかも、と思わせる。いつだったか、山下洋輔トリオのENJA盤を聴いたとき、音のパキパキ感に驚いた記憶がある。乾燥していると、音響が随分違うものだ。

ドラムレスでの、管・ピアノ・ベースの編成がその音空間にしっぽり嵌まっている。具合が良い。熱くもなく、冷たくもない演奏もまた具合が良い。

1980年頃に松風鉱一のアルバムを入手した。初山博が入って、Out to lunch的というか、ドルフィー的と紹介されていたが、残念ながら、それから聴き直していないので記憶が無い(聴き直そう)。

だから新鮮な感じで聴いているが、その音がドルフィー的だとはちっとも思わない。抑制的な印象の音が、知らない間にアチコチに飛翔しているような意外感、が面白い。coolにhotな印象を残す、というか。

そして伝統的なジャズの感じだよね、という印象を与えながら、何処かアヴァンギャルドな味を強く残す。そんな所が、スタイルではないアヴァンギャルドな味わい、そこがドルフィーやモンクに通じる、といえば、そうかな。

南博のピアノ、はじめて聴くのだけど、しなやかで美しい音に心惹かれた。

いや、いいアルバムが続くな。

Zekatsuma Akustik Trio: リンデンバウム・セッション

Zekatsuma Akustik Trio: リンデンバウム・セッション

 

 -------------------------------------------------------------------

松風鉱一: Lindenbaum Session(2009, Studio Wee)
1. Trash for Lucky 7th
2. Touring
3. Asian Walk
4. Outside
5. The 3rd Grounder
6. K2
7. Yellow Sands
8. Song for Dried Young Sardines
松風鉱一(as,ts,fl), 南博(p), 吉野弘志(b)
2008年10月4日、習志野市Lindenbaumでのライヴ

雨の乾季に(バンコク・スクムヴィットSoi 11の奥)

バンコクは乾季で、一年で一番涼しく爽やか、な筈だった。

一昨日、昨日と35℃とソンクランの時期にこそかなわないが、雨期の後、8月の頃とあまり変わらない。それどころか、夜半過ぎに雷鳴とともに雨音が聞こえる。

暗い朝を迎え、雨脚があまり弱った感じではなかった。買い物にSoi 11の奥の方へ行った。

Soi 11の表通りも、この10年で半分くらい変わっただろうか。だんだんと小綺麗な街に変わっている。日系企業の幹部が、日本から来た家族と食事をするという、とんかつ屋は10年前からそこにある。

f:id:kanazawajazzdays:20181208234656j:plain

もう一軒あった和食屋は早々になくなって、今はスターバックスになっている。Soi 11の入り口近くにあった、インド人の洋服屋クリーニング屋、マッサージ屋が入っていた古いビルもなくなった。ユースホステルを兼業していたタイ飯屋もなくなった。なんとも味気ない。雨のなかを歩きながら、そんなことを思っていた。

f:id:kanazawajazzdays:20181208233927j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181208233942j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181208234027j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181208234039j:plain

そうそう気軽なバーだったヒラリー3も改装なのか、中身は解体されていた。これも詰まらない。店に溜まっているイサーン出身の顔見知りと他愛もない話をするのが楽しみだった。

f:id:kanazawajazzdays:20181208234110j:plain

 

バンコク・Hock Shark Fins Restaurant

Nちゃんからは、またか、って云われたけど、いいんだよ、マンネリでも。

というマンネリのタイでの食事、フカヒレのコース。現地日系企業の駐在員に教えてもらったのは2007年。それから店が少しだけキレイになったこと、値段が少しだけ高くなったことを除けば、メニューは何も変わっていない。

腹一杯食べて、シンハーをたらふく呑んで、昔は800バーツ。今は1000バーツ。

f:id:kanazawajazzdays:20181208233210j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181208233222j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181208233235j:plain

フカヒレのスープ

f:id:kanazawajazzdays:20181208233320j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181208233327j:plain

フカヒレのお粥。

f:id:kanazawajazzdays:20181208233402j:plain

 

シーロムからタニアのあたり

昨日、打ち合わせの後、タニアの端にあるフカヒレ店へ。いつもはBTSチョンノンシーから行くのだけど、今回はMRTシーロムから。適当に歩いていたら、タニア中心の通りに入ったようだ。

こんだけバンコクに来ているが、エカマイやトンローのような日本人御用達にはあまり行かなかったし、タニアはまるでない。だから、かえって面白い感じだった。

f:id:kanazawajazzdays:20181208232047j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181208232101j:plain

よく見ると吉野家ではない。

f:id:kanazawajazzdays:20181208232137j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181208232153j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181208232220j:plain

時間が早かったので通りの人通りはマバラであったが、帰途、雲霞のように店の女の子が溢れていた。

f:id:kanazawajazzdays:20181208232245j:plain

世界の山ちゃん

f:id:kanazawajazzdays:20181208232307j:plain

f:id:kanazawajazzdays:20181208232343j:plain

タニアの通りを抜けると、怪しげなBOYSの看板

f:id:kanazawajazzdays:20181208232404j:plain

バッポンを通ると、シャチョー、シャチョーの決まり声でにせロレックスやオメガを。

f:id:kanazawajazzdays:20181208232422j:plain

これはフカヒレを食べた後、BTSサラディーンの駅からみたタニア。看板を見ているだけで飽きない。昭和の頃のエネルギーがまだ濃厚に残っているような。

f:id:kanazawajazzdays:20181208232947j:plain

 

翠川敬基/緑化計画: arbor day (2003) 幸せな弛緩

f:id:kanazawajazzdays:20181208134207p:plain

ボンバの日本のジャズ・セール・シリーズ(テキトー):

富樫雅彦のSketchを聴いた20歳の頃から、 翠川敬基のベースの音は深く意識に沈殿している。セール品のなかに、その名前を見つけた時には迷わずクリック。

到着後に、しっかりメンバーを見ると、片山広明, 早川岳晴のcreditが。やはり当時のDUBと、富樫雅彦カルテットは随分とディレクトリが違うなあ、とにやり。

バンコクの宿でiPADのスピーカで聴いているからだけど、サックスの音がチェロと共鳴しているような感覚があって、とても美しいと思った。早川岳晴はアコウスティック・ベースかなあ、面白い。何となく、DUB的な音の延長に捉えていた(ボクの脳内の話)奏者が、すこし翠川敬基に寄った感じがあって、そこの奏者間のスキマのようなものが、とてもルーズで柔らかな感触を作っていて、聴いていて心地良さ、がある。聴き手に幸せな弛緩が与えられる。

昔以上に作曲的な営みがしっかりと入っているように感じる部分もあって、それで味のようなものがシッカリ与えられていて面白いなあと思った。

日本のジャズが好きだ、といいつつ、40年近く前の記憶のような感覚がup-to-dateできていない部分があるのだけど、だから面白く感じる部分もあるのだろうな。時間軸を圧縮したよう

ARBOR DAY

ARBOR DAY

 

------------------------------------------------

翠川敬基/緑化計画: arbor day (2003, Studio Wee)
1. Izmir
2. West gate
3. Tres
4. Seul-b
5. MaltiInete
6. Full-full
翠川敬基(cell), 片山広明(ts), 早川岳晴(b), 石塚俊明(ds)